Living baker

その人らしい生活を取り戻すために 

  理学療法を用いた技術や知識を共有し対象施設で患者貢献につながることを目指します

取組内容

病院 介護施設

褥瘡対策としてポジショニング評価、拘縮に対するROMの方法を提供 転倒予防評価。
また理学療法メソッドを用いて看護師、介護士とその技術を提供し共有していく取り組みをしています。

訪問看護ステーション

リハビリ資源のない事業所に対し、訪問リハビリを担い看護師、患者、利用者また家族が解決したいADL、QOLの向上に貢献していきます。
患者をスポットで評価し、運動療法プログラムの提供をしています。

自費でのリハビリテーション

医療保険や介護保険外でリハビリテーションを必要とされている方に提供しています。
まずはご相談から始めます。

生活の世話焼き

自分らしい生活
新しい体の使い方
なくしたものを取り戻す

設立経緯

令和元年5月21日Living baker設立
急性期病院勤務、専門学校の教員を経て臨床現場に戻る際、フリーランスで働くことを決意。
働くうちに理学療法士としての働き方の新たな在り方を見出し個人事業として生業を成す。

Living baker由来


ギャラリー

許可を得た患者や家族の笑顔をUP